• ヴァン
  • マーラ
  • アルヴィス
  • エヴァ
  • ロージア
  • ゼカル
  • マルテリ

ヴァン | アガシュラ・マーラの双子の兄

ヴァンは、将来を嘱望されていた生命工学者の医師でした。
ところが、生命の創造という人生の目標への狂気が行き過ぎたあげく、
人としてやってはならない違法な研究に手を染めてしまった結果、
神の呪いによってアガシュラとなってしまいました。
現在は妹と共に、アガシュラのための王国を作ろうとしています。

マーラ | アガシュラ・ヴァンの双子の妹

マーラは計略に長け、自身の魅力を上手に利用する、
大きな野心を抱いています。
プレイオス王国連合に属するモス王国のノクス王子を虜にして操ることで、
彼女は王国を手に入れることに成功しました。
これを地盤として、アガシュラのための王国を甦らせ、
さらには全世界をも支配せんと目論んでいます。

アルヴィス | リベラで最高と言われていた魔物ハンター

優れた容姿と物腰で、女性たちからの人気が高いハンターといえば
誰しもがアルヴィスの名を口にすることでしょう。
彼は革命軍での過酷な仕事もすべて引き受け、
大きな人望を得ています。
現在はメリン島で偵察の任務に当たっています。

エヴァ | 市民軍を導いたリーバの一人娘

リベラで起こった一次革命が失敗し、
エヴァの父を含む主導者たちが皆処刑されるとすぐ、
彼女は一部のメンバーを連れて姿を消しました。
その後、暗中で彼女は市民軍のリーダーとなり、
今もゼカルを追い出す準備を進めています。

ロージア | リベラ革命軍で諜報員任務遂行

ロージアの父もまた、革命軍の主導者のひとりだったのですが、
彼は公開処刑が行われた処刑場に姿を現しませんでした。
そのため、彼女は父の死と行方に大きな疑問を抱いています。

ゼカル | リベラ最大商団・テミルの家主であり本来は商人出身

ゼカルは経営者としての才能に恵まれず、
一時は商団を崩壊寸前まで追い込んだものの、
アガシュラ・ヴァンとの主従契約によって力を得たことで、
商団の危機を脱しました。
その後は富と栄華を貪り、名誉欲のままに市長選へと出馬し、
見事当選してからというもの、悪徳な暴君と成り果てています。

マルテリ | 見かけは達者だが60歳を越えた老人

マルテリはリベラで尊敬されている商人であり、
ゼカルとは対極の評価を受けています。
彼の息子は革命軍に従事しており、
当初その活動に反対していたものの、
息子が反乱軍の逆徒として公開処刑される光景を前に、
大きな衝撃を受けました。
その後、自らの誤りを悔いて革命軍を支援しながら、
息子の遺品を探しているそうです。